ダイエット情報

インスリンと肥満の関係【食べてないのに太る?】

インスリンとは

インスリンと聞いて、あなたは何を思いましたか?

・「なんだそれ?」
・「なんか聞いたことがあるような?」

もし聞いたことがあるとすれば、それはテレビなどで糖尿病について紹介させているのを見て、知っているのかもしれません。
糖尿病の治療では、食後の血糖値上昇を防ぐために、インスリンを注射する治療を行う場合があるからです。

私達は食事をエネルギーにして生きています。
そして、余ったエネルギーを脂肪に変えて貯めています。
その中で重要な役割をしているのが「インスリン」です。

そして、このインスリンが"正しく働かなくなる"ことによって、私達は太ってしまうのです。
 

ここからは、インスリンの役割を簡単に説明していきます。

ちょっとだけ、インスリンについて詳しくなりましょう。

インスリンは、膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のβ細胞と呼ばれる場所で作られる、ホルモンです。
インスリンの主な仕事は、血液中のブドウ糖を細胞が使えるように、細胞のドアを開けることです。

食事をすると、血液中にブドウ糖が入ってきます。
血液中にあっても、ブドウ糖はエネルギーとして働くことができません。
そこでインスリンが分泌されます。

インスリンが鍵のような働きをし、細胞の扉を開けます。
すると、細胞の中にブドウ糖が入り、エネルギーとして使われるのです。

【単語説明】
ブドウ糖=グルコース
血液中のブドウ糖=血糖
血液中のブドウ糖濃度=血糖値

 

脂肪はインスリンによって作られる

インスリンは、エネルギーとして使われなかった、余ったブドウ糖を貯める役割もします。

肝臓では、グリコーゲンという、貯めるのに適したモノに変えて貯めます。
脂肪細胞では、脂肪に変えて貯めます。

あなたが気にしている脂肪は、インスリンによって作られるのです。

しかし、脂肪にして貯めることは、生きる上ではとても大切なことなのです。

現代のように、食べ物がいつでもどこでも手に入ることは人類の長い歴史で見ると、とても最近のことです。
次にいつ食べ物を食べられるかがわからない時代では、インスリンの溜め込む性質は非常に大切な役割を果たしてきました。

しかし、いつでもどこでも食べられる現代では、インスリンの貯める性質はマイナス面にもなってしまうのです。

インスリンが原因で太っているのかを、調べた研究があります。
糖尿病患者に、違った量のインスリンを注射して、どれくらい太るのかを観察しました。
結果は、インスリンの注射量が多くなるほど、より太ることがわかりました。(※1)
別の研究でも同じ結果となっています。(※2)

やはり、インスリンの量が多くなると太るようです。
 
さて、インスリンの量が増えると、太ってしまうことはわかりました。
では、何が私達のインスリンの量を増やしてしまっているのでしょうか?

インスリンは体の中で作られる物質なので、体外から勝手に入ってくることはありません。

何かが原因で、私達が勝手に大量のインスリンを作ってしまっているのです。

インスリンは、人類に肥満がない時代から存在します。
インスリンが悪いのではなく、"インスリンが過剰に分泌"されることが悪いのです。

そして、肥満が現代病と呼ばれるように、肥満はここ数十年で爆発的に増えてきました。

(OECD Obesity Update - Previous editions より引用)

つまり、最近になって登場した何かが、インスリンを大量に分泌させ、私達を太らせているのです。

次の記事では、いよいよ肥満の"真犯人"について話そうと思います。

犯人がわかれば、それを生活から排除することによって、痩せることが可能になるのです。

しかし、それは私達の生活に欠かせないモノだったのです……

【参考文献】
(※1)
Holman RR, Thorne KI, Farmer AJ, Davies MJ, Keenan JF, Paul S, Levy JC; 4-T Study Group. (2007)
Addition of biphasic, prandial, or basal insulin to oral therapy in type 2 diabetes.
N Engl J Med. 2007 Oct 25;357(17):1716-30
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17890232

(※2)
The Diabetes Control and Complications Trial Research Group
Influence of Intensive Diabetes Treatment on Body Weight and Composition of Adults With Type 1 Diabetes in the Diabetes Control and Complications Trial
Diabetes Care. 2001 Oct; 24(10): 1711–1721.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11574431

-ダイエット情報

© 2021 ケント's ハビット